マンション指定の引越業者利用でいろいろお得に!

私は、3年ほど前引越しをしました。大阪府大阪市内から、同じく大阪府大阪市内へ。正直、自分たちでトラックを借りたり友人に手伝ってもらう作業でも、十分な距離だったのですが、大型家具を多く買ってしまっていたので引越し業者を利用せざるをえませんでした。「ここからあそこへ運ぶだけなのに(結構近いのに)、高くつくなあ」と後悔したのを今でも覚えています。

 


出典:引っ越し単身パック

 

しかし、新しく引っ越す先は、少し変わったシステムを取っていました。一般的なのかどうかはわからないですが、引越し先のマンションはできて間もなく、引っ越してくる人が多い時期だったのでしょう。「○月○日〜○日に引越しを予定する場合は、ここの業者に依頼してください」とマンションの方から指定がありました。指定業者は大手引越し業者だったので、安心感はありましたが、やはり「大手は高いのでは…?」と思ってしまいます。

 

しかし、この「業者を決めてまとめて(多世帯が)引越し」というのは、メリットがたくさんありました。まず、マンションと契約をしていたからか、一般価格よりかなりお得な価格で引越しをさせてもらえたようでした。そして、引越しの日はマンションは何世帯もの荷物搬入でとても混雑をするのですが、引越し業者を一つにまとめることによって、先に到着したトラックの荷物からどんどん他トラックのスタッフも手伝って荷物を搬入していました。トラックAのスタッフが201、Bが202、Cが203号室と担当していくのではなく、ABCで201→202→203…と協力して作業効率をとても良くされていたのです!マンションが業者を指定した理由に納得しました!引越し業者にとっても、お客さんにとってもwin-winの引越が実現できたようです!

 

 

 

結局、前回(前回も同じ市内でした)引越しの際他業者に20万円を見積もられた時より大分家具が増えたにもかかわらず、13万円で家族での引越しができました。家具の配置調整やダンボール引取り等、サービスも充実していて(同日内は他住居の引越しも多いため、マンション内に一日中業者の方がいたので、我が家が終了した後も重い箱移動等適宜手伝ってもらえました)良かったです。

老婆一人の引っ越しを甘く見ていた件

三重県桑名市から名古屋市港区 15,000円ほど

 

ほとんどは高速道路料金と自家用車(ワンボックスカー)のガソリン代 4往復分

 

70代半ばの母が一人暮らしをしていましたが、いろいろとおぼつかなくなってきたので、私のマンションに移り移り住むこととなりました。

 

私がワンボックスカーを所持しており、車で1時間もかからない距離であることもあるので、すべて自分たちだけで荷物を運びました。老婆一人の引っ越しですから、身の回りの物だけにすればほとんど荷物はありません。介護用ベッドも私のマンションの方で準備していますし、冷蔵庫や洗濯機などの大物家電はすべて置いてきています。着るものを含めた身の回りのものだけです。ワンボックスカーで2往復すればOKと思っていました。しかし、老人の「思い出の品」の数は半端ない量です。ビックリです。「もう何年も使っていないものは、これからも使わないはずだから処分した方が良い」という引っ越しの際の鉄板ネタというかごくごく当たり前のことを言っても、「気持ちの話」をします。捨てることができません。その理由は「捨てることができないから、捨てることができない」というような感じで、話になりません。

 

そもそも、引っ越しの準備のために、自分でできる範囲で荷物をまとめておくように2か月以上前から言っておいたのですが、ほとんど荷物がまとまっていません。本来ならまとまった荷物をワンボックスカーに積んで運んで、一回目の引っ越しを完了させて、マンションで一週間くらい暮らしてみて、次の週末に次の荷物を運んで終わる予定でした。しかし、とんでもない誤算でした。実家に行ったら、荷物をまとめるところから我々の作業がスタートし、ワンボックスカーに荷物を積み込むのは夜になりました。そして、私のマンションのエレベーターを何往復もしてなんとか一回目の荷物を部屋に詰め込んだのはかなり遅い時間でした。

 

次の週末も実家に戻って荷物の整理から始め、「これは運んだ方がいい?」という質問を何度も受けました。運んだ方が良いか処分するべきかの判断は自分でできないのです。それで、「使ってないなら処分すべきである」と伝えると、涙ながらに大切な思い出がある旨の物語が語られ、非常に無駄な時間だけが過ぎていきます。作業が進みません。結局は2回目の荷物運びも、荷物をまとめるのに時間がかかり実際の搬送は夜の遅い時間です。

 

実家の売却処分の予定は決まっていませんから、まだしばらくは荷物を置いておけるのですが、早めに処分した方が固定資産税他の諸々の雑費が削減できるので早く家の中を空にしたいところです。

 

今にして思えば、老人一人の引っ越しで荷物も少ないから自分のワンボックスカーで運んでしまおうというのは失敗だったかもしれません。ワンボックスカー4往復です。老婆一人の荷物量ではないです。業者を入れて、家族だけではなく第3者も加わった作業とすることで、老人の家族への無駄な甘えをなくした方が良かったと思います。老人の甘え
は底知らずです。引っ越し業者代金を支払う方が時間と労力のトータルコストを抑えることができたと思います。

 

参考サイト:引っ越し見積もり